求人のない企業へ転職する方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

求人に応募するのではなく、自己アピールで自立した仕事人として求人をしていない会社へ転職する方法をガイドします。

サイトマップ

最後に

成功例をもとに「自己開拓転職」の進め方を紹介してきましたが、お読みいただいた方はその手法がご理解いただけたでしょうか。



自分がその立場になったとき、「はたしてどうすればよいのかよくわからない」それがホンネかもしれません。

その感想は間違いではありません。

なぜなら、自己開拓転職では、ご本人のキャリア分析から始めて、アピールすべきポイントを導き出し、そこからアプローチ先を設定して、戦略を組み立てていくからです。

仮に、同じキャリアを持つ人間がいたとしても、生活環境や仕事に対する信条まで同じではありません。

つまり、数学の公式のようなもので、代入する情報によって答が変ってくる手法、すなわち方法論だからです。

再就職支援会社などでも「自己開拓転職」と銘打った指導をしているところがあると聞きます。

そうした指導を受けた方で、数十社にチャレンジしても見事に振られ続けた話も聞いています。

確かに、自分のキャリア分析から始めるところは同じなのかもしれませんが、そこからアプローチ先を決め、一つずつソリューションを固めていく緻密さに欠けていることが、成功できない要因と考えられます。

たとえて言えば、一人の人材を募集する会社は「1対多」の関係ですが、「1」つまり募集側に決定権があります。

要望が異なる「多」側には決定権がないのに、1つの解決策で複数の募集先に対応していこうとしても、これはうまくいきません。

また、キャリア分析を通じてアピールポイントを決め、アプローチ先のイメージを描き出すところまでは一人でもできますが、そこから先はいろいろな方々の協力も欠かせません。

良き理解者を得て、そこから一つずつゴールに向けて課題を解決していくのも自己開拓転職の特徴といえるでしょう。

それゆえに、十人いれば10通りの戦略、実践活動が必要になります。

その点を理解いただくことができれば、本サイトの目的は達成されたと信じています。

新卒者でさえ就職が困難な時代に突入して久しい現在、中高年の再就職となれば針の穴を通すほどに「狭き門」です。

顕在部分にこだわることなく、主体的に考え、自分のキャリアをしっかりと分析して、戦略を立て、それにそって最適な方法で、良き理解者をたどって行動し、ぜひ成功の扉を開いてください。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
自らアプローチ
転職の4つのミスマッチ
年齢ミスマッチと転職成功率は関係ない
中高年の転職仲介は難しい
潜在ニーズに訴える
正社員と契約社員どっちが得?
自己分析して職務経歴書を書く
自己分析・戦略の構築・人脈の整理
転職の情報をくれそうな人脈
人脈への紹介依頼は文書で
アプローチする会社は10社程度に絞る
アプローチは3つのパターンで
人脈のない場合は社長宛てレター
返事がないときはフォロー
ペンディング状態は自分で意思選択
自立した職業人
じっくり自己開拓戦略をたてる
自己開拓転職のポイント
給料交渉の進め方
求人していない会社への売り込み事例1
求人していない会社への売り込み事例2
求人していない会社への売り込み事例3
求人していない会社への売り込み事例4
求人していない会社への売り込み事例5
求人していない会社への売り込み事例6
求人していない会社への売り込み事例7
求人していない会社への売り込み事例8
求人していない会社への売り込み事例9
求人していない会社への売り込み事例10
求人していない会社への売り込み事例11
職務経歴書の意義
身につけた能力・身につけてない能力
職務経歴書に決まった書き方はない
職務経歴書の内容のポイント
履歴書と職務経歴書
履歴書の添削
職務経歴書の実例1
職務経歴書の実例2
職務経歴書の実例3
職務経歴書の実例4
職務経歴書の実例5
最後に
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
国債 金利上昇



求人のない企業へ転職する方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。