求人のない企業へ転職する方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

求人に応募するのではなく、自己アピールで自立した仕事人として求人をしていない会社へ転職する方法をガイドします。

サイトマップ

求人していない会社への売り込み事例3

人脈なし…既存の情報から「自分のキャリア」を求める会社を探し出す

光学機器メーカー・技術部→新興光学機器メーカー・開発部



馬場さん(仮称、当時54歳)は国立大学の精密機械工学科を卒業後、一部上場の光学機械メーカーに入社して以来、開発の仕事一筋でやってきました。

ところが、経済のグローバル化の余波を受けて勤務していた事業所が閉鎖されることになり、会社が希望退職者を募ったのに応募しました。

再就職支援会社の支援で、二部上場の光学機器メーカーに転職しました。

この会社は新規事業の立ち上げのために馬場さんを採用したのですが、4年ほどで新規事業が凍結されることになってしまいました。

ここでも希望退職者の募集があったので応募し、前回と同じように再就職支援を得て転職しようと考えたのです。

ところが人材市場は4年前とは様変わりしていて、54歳という年齢もあってなかなか再就職先が見つかりませんでした。

そこで、人材紹介会社の紹介を経て「自己開拓転職」活動に取り組むことになりました。

ご存知のとおり、技術系のキャリアが長い方は、深い技術知識と経験は備わっていますが、日頃の活動領域が狭いため、人脈を使った就職活動はあまり期待できません。

ターゲットの会社を絞るにも既存の一般情報に頼らざるを得ませんでした。

そこで、自己分析と、それに合ったニーズをもつ会社の分析を通じてターゲットを絞るという、経歴にかかわらず誰にでも出来るオーソドックスな手法を展開することになりました。

技術系といっても馬場さんの年齢になると、研究開発そのものよりも開発全体のマネージメントの方が得手です。

光学機器開発のマネージメントの求人となると、狭き門もさらに厳しくなります。

そこで、開発マネージメントの人材を必要とする会社特性を分析することから、ターゲットを絞り込んでいくことにしました。

結論は、業界に参入して5〜10年程度の会社でした。

そこでは事業の成長にしたがって若手の技術者は採用するものの、中堅層が会社幹部に出世して、現場をマネージメントできる人間が不足気味になるというのです。



次に、『会社四季報』の上場版・未上場版を使って、光学機器開発に参入して5〜10年の会社を探しました。

候補の会社が2社浮かび上がり、そこに人脈があるかどうかを調べました。

1つ目の会社には、一部上場会社に勤めていた時代の同僚が在籍していることがわかりました。

さっそくその同僚に連絡をとって協力を依頼すると、人事部長に話をしてくれることになり、経歴書をその会社の人事部長に手渡してくれました。

残念ながら、社長名で「不採用」の理由を事細かに説明した通知が郵送されてきましたが、一般公募で送られてくるありきたりの不採用通知との違いに、馬場さんは自己開拓転職アプローチの仕方に自信を深めました。

残りの1社の方には「つて」が一切なかったので、基本戦略に従って、社長直々に宛てて手紙を送る戦術をとることにしました。

社長宛てに直訴するに至った背景を説明した文面の文書に、詳しい職務経歴書をつけて送付してみたところ、数日後に、その会社の常務から「検討したいので、ぜひ面接に来てほしい」旨の電話がかかってきました。

後で判明したことですが、この常務の方もエンジニア上がりで、開発マネージメントも見れば、人事にも関わっているとおり、内部のマネージメント層不足から、いろいろな面で社長さんの補佐をしていたそうです。

開発マネージメントの求人募集も考えていたものの、それさえなかなか時間がとれなかったということでした。

馬場さんは面接後1週間で無事採用の運びとなりました。

一般に流布している情報から「潜在的な人材ニーズ」を読み解き、見事に再就職を果たした馬場さんは、まさしく自己開拓転職の見本といってもいいかもしれません。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
自らアプローチ
転職の4つのミスマッチ
年齢ミスマッチと転職成功率は関係ない
中高年の転職仲介は難しい
潜在ニーズに訴える
正社員と契約社員どっちが得?
自己分析して職務経歴書を書く
自己分析・戦略の構築・人脈の整理
転職の情報をくれそうな人脈
人脈への紹介依頼は文書で
アプローチする会社は10社程度に絞る
アプローチは3つのパターンで
人脈のない場合は社長宛てレター
返事がないときはフォロー
ペンディング状態は自分で意思選択
自立した職業人
じっくり自己開拓戦略をたてる
自己開拓転職のポイント
給料交渉の進め方
求人していない会社への売り込み事例1
求人していない会社への売り込み事例2
求人していない会社への売り込み事例3
求人していない会社への売り込み事例4
求人していない会社への売り込み事例5
求人していない会社への売り込み事例6
求人していない会社への売り込み事例7
求人していない会社への売り込み事例8
求人していない会社への売り込み事例9
求人していない会社への売り込み事例10
求人していない会社への売り込み事例11
職務経歴書の意義
身につけた能力・身につけてない能力
職務経歴書に決まった書き方はない
職務経歴書の内容のポイント
履歴書と職務経歴書
履歴書の添削
職務経歴書の実例1
職務経歴書の実例2
職務経歴書の実例3
職務経歴書の実例4
職務経歴書の実例5
最後に
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
定期預金 金利 変動























求人のない企業へ転職する方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。