求人のない企業へ転職する方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

求人に応募するのではなく、自己アピールで自立した仕事人として求人をしていない会社へ転職する方法をガイドします。

サイトマップ

自立した職業人

自己開拓転職の基本的な考え方は、自分の仕事の能力、キャリアを客観的に評価し、自らの能力を新たな会社に提供して「自分の力で会社の業績を引き上げる」「会社のために貢献する」、その対価として報酬を得るという対等の関係で会社と向き合うところにあります。



「私を採用すればこれだけのことができます」と提案して採用されれば、提案にふさわしい結果を出そうとする気持ちが強くなり、それだけ仕事に対する積極性、充実感も湧いてきます。

自己開拓転職活動に取り組んでいくと、次第に、公務員に見られがちな保身的なお仕着せの考え方が薄れ、仕事も自分主体の取り組みという考え方に意識が変わっていきます。

長年同じ組織の中に身を置いていると、「業務命令は遵守」「突出した行動をして失敗してはダメ」といった枠組みの中で、失敗せずに過ごすことに慣れきってしまい、自ら考えて行動する意欲が薄れがちになります。

中高年の方でも、再就職活動の中で「どのように行動すればよいのでしょうか?」と問い合わせる方がかなりいます。



自己開拓転職では、与えられた選択肢を選んでいくのではなく、「自分は何がどのようにできるのか」「自分はどうしたいのか」という能動的な態度に意識を変えていく必要があります。

自己開拓転職のアプローチを繰り返していくと、会社の言いなりで、自らの主体性を殺して働くという受け身の意識がなくなっていきます。

その意味で自己開拓転職活動は、働くことに対する「意識改革」でもあるのです。

自己開拓転職で成功すると、たとえ転職先で再びリストラされようが、倒産の憂き目に遭おうが、再び転職すればすむと考えていているので、再就職にあまり不安がなくなります。

「雇ってもらう」から「自分の能力とキャリアを売る」、無産ではあるけれども自立した「仕事人(=職業人)」としての意識改革できた証しです。

再就職についてのいくら立派な人の講演を聴いても、このサイトにしてもしかりで、間接的な擬似体験ではなかなか自己開拓意識を定着させることはできません。

『災い転じて福となす』のたとえではありませんが、その実践が最も手っ取り早い改革方法ということもできます。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
自らアプローチ
転職の4つのミスマッチ
年齢ミスマッチと転職成功率は関係ない
中高年の転職仲介は難しい
潜在ニーズに訴える
正社員と契約社員どっちが得?
自己分析して職務経歴書を書く
自己分析・戦略の構築・人脈の整理
転職の情報をくれそうな人脈
人脈への紹介依頼は文書で
アプローチする会社は10社程度に絞る
アプローチは3つのパターンで
人脈のない場合は社長宛てレター
返事がないときはフォロー
ペンディング状態は自分で意思選択
自立した職業人
じっくり自己開拓戦略をたてる
自己開拓転職のポイント
給料交渉の進め方
求人していない会社への売り込み事例1
求人していない会社への売り込み事例2
求人していない会社への売り込み事例3
求人していない会社への売り込み事例4
求人していない会社への売り込み事例5
求人していない会社への売り込み事例6
求人していない会社への売り込み事例7
求人していない会社への売り込み事例8
求人していない会社への売り込み事例9
求人していない会社への売り込み事例10
求人していない会社への売り込み事例11
職務経歴書の意義
身につけた能力・身につけてない能力
職務経歴書に決まった書き方はない
職務経歴書の内容のポイント
履歴書と職務経歴書
履歴書の添削
職務経歴書の実例1
職務経歴書の実例2
職務経歴書の実例3
職務経歴書の実例4
職務経歴書の実例5
最後に
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
郵便局 金利



求人のない企業へ転職する方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。