求人のない企業へ転職する方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

求人に応募するのではなく、自己アピールで自立した仕事人として求人をしていない会社へ転職する方法をガイドします。

サイトマップ

転職の4つのミスマッチ

中高年の転職がなかなか決まらない原因は、「求人」と「求職ニーズのミスマッチにあります。



求職側からながめると大きく4つのミスマッチを指摘できます。

何よりまず「年齢の壁」です。

これは現業の中で『結果×時間』ですべてを割り出すとき、常に年齢の上のものが直面する「辛い現実」です。

否が応でも年齢とともに求人の絶対数はどんどんと少なくなります。

二つめは「能力」のミスマッチです。

自分の能力で合格できる求人が少ない場合です。

高度な技術や研究職および専門職では人材不足、それ以外では人材過剰が慢性化しています。

中高年になるとそれだけ即戦力として高い能力が要求されるため、特に顕著になってきます。

三つめは「収入」のミスマッチです。

こちらは「能力」と表裏をなしていて、人材過剰分野では求職者が妥協して希望年収を下げざるを得ないのが実情です。

また、採用基準の厳しい技術職や専門職では、希望年収を引き下げても、それが採用の決め手とはならない場合もあります。

たとえば絶対的に必要になる資格がある場合に、その資格を取得していなければ、実務は十分こなせるとしても、規制や安全基準などから業務を行うことが認められない、といった場合です。



四つめは非常に個人的な問題で、ほとんどが通勤に関する地理的な要件といってよいでしょう。

たとえ前出の三つの条件をクリアしていても、通勤に片道3時間もかかってしまう場合や、単身赴任が必要だけれども家庭の事情がそれを許さないといった場合です。

では、これらのミスマッチの解決可能性を考えてみましょう。

収入のミスマッチは、「あまり能力を要求されないから大丈夫」といった、専門性の低い分野での安易な選択の結果起きることが多いのが特徴です。

たとえば、聞いていた内容よりもはるかにきつい内容で、とても賃金に見合わないといったことがその典型例です。

自分に都合のよい解釈に閉じこもらず、社会的通念から調べていけば、こうしたミスマッチは簡単に解決できます。

また、能力面で、競争の厳しい分野しか該当しないときには、求人情報だけに頼らず、求人していない会社に自らを売り込むといった、発想の転換も必要でしょう。

残念ながら「年齢のミスマッチ」だけは、解決する方法が見あたりません。

それでは、次にミスマッチを排除した場合に、どの程度の就職率になるのかを求人・求職状況の実勢から検討してみます。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
自らアプローチ
転職の4つのミスマッチ
年齢ミスマッチと転職成功率は関係ない
中高年の転職仲介は難しい
潜在ニーズに訴える
正社員と契約社員どっちが得?
自己分析して職務経歴書を書く
自己分析・戦略の構築・人脈の整理
転職の情報をくれそうな人脈
人脈への紹介依頼は文書で
アプローチする会社は10社程度に絞る
アプローチは3つのパターンで
人脈のない場合は社長宛てレター
返事がないときはフォロー
ペンディング状態は自分で意思選択
自立した職業人
じっくり自己開拓戦略をたてる
自己開拓転職のポイント
給料交渉の進め方
求人していない会社への売り込み事例1
求人していない会社への売り込み事例2
求人していない会社への売り込み事例3
求人していない会社への売り込み事例4
求人していない会社への売り込み事例5
求人していない会社への売り込み事例6
求人していない会社への売り込み事例7
求人していない会社への売り込み事例8
求人していない会社への売り込み事例9
求人していない会社への売り込み事例10
求人していない会社への売り込み事例11
職務経歴書の意義
身につけた能力・身につけてない能力
職務経歴書に決まった書き方はない
職務経歴書の内容のポイント
履歴書と職務経歴書
履歴書の添削
職務経歴書の実例1
職務経歴書の実例2
職務経歴書の実例3
職務経歴書の実例4
職務経歴書の実例5
最後に
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
もみじ銀行 金利



求人のない企業へ転職する方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。