求人のない企業へ転職する方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

求人に応募するのではなく、自己アピールで自立した仕事人として求人をしていない会社へ転職する方法をガイドします。

サイトマップ

自らアプローチ

狭い求人マーケットを探しても就職はない ?

本サイトでは、厳しい就職戦線のなか、中高年の方々が求人をしていない会社に自分自身を売り込んで、新たな職場を勝ち取るための転職方法を紹介していきます。



題して「自己開拓転職」と呼びます。

自己開拓や自己啓発といったたぐいのお話はよく耳にしていることでしょう。

自己開拓転職では、目的を転職に絞って、自己開発を進めていくことになります。

「ほんとうにそんな転職方法があるのか ?」と、多くの方は疑問に思うかもしれません。

ところが、この新たな発想での取り組みで、実際に多数の方々が転職に成功しています。

バブルの崩壊以降、雇用の規制緩和が進んだことも加わって、新卒の場合は別としても、正規の社員として就職するのはきわめて狭き門になってきました。

転職の場合なら、ハローワークに行ったり、新聞の求人広告や就職情報誌、あるいは、折り込みの求人広告などを調べたりして、「職探し」をします。

経験のある方ならご存知のように、35歳を超えると求人の実数は明らかに少なくなり、その年齢から先になると、歳の数に反比例して求人の数が急降下していきます。

経済のグローバル化によって、企業は世界水準での「収益のよさ」を求められるようになり、資材や部品などと同じように、労働もサービスコストとしてどんどんと抑制してきました。

長らく年功序列の給与体系に甘んじていた日本の会社も、「黒船」の到来で一気に労働コストの抑制・削減に舵をきったわけです。

40代や50代になると、必要不可欠の管理職などの一部を除けば、労働生産性の点から見て、コスト効率のよろしくないリソースというわけです。

雇うどころか、「切りたい」のが本音ですから、中高年層ではすぐに就職活動に行き詰まってしまいます。

求人があったとしても厳しい条件がつけられていて、そこに企業の枠から押し出された人々が殺到するので、書類選考に通るのさえなかなか思うようにはいかないのが実情です。

先進諸国に仲間入りして久しい日本の経済実態を考えると、新興国のような急成長は望むべくもありません。

持続的な成長、すなわち「低成長」が定着する経済の中で、転職戦線はおそらく今以上に厳しくなっていくことでしょう。

応募してくる人たちはすべて競争相手のようなものです。

中高年の方はもとより若い方でも、なによりもまず「厳しい競争環境」の真っ只中にいる現実を認識しておく必要があります。


自らアプローチしていけば突破口が開ける

ある程度人材紹介ビジネス業界に身を置いていると、人材紹介ビジネスがどのようなもので、実際にどのように動いているのかが見えてきます。

人材紹介会社のベテラン諸氏に話を聞けば、世の中「ミレニアム、ミレニアム」と喜んでいた20世紀から21世紀への変わり目ごろから、人材登録会社に登録したり、転職の相談に来たりする中高年の人たちが増えてくるようになるとともに、そうした人たち向けの求人がどんどん少なくなって、まともに転職先を紹介できなくなったといいます。

で、自分は人材ビジネスに向いていて、とりわけ人材紹介に十分な力を発揮できると自負している、ある人材紹介会社で中堅の方の嘆きを聞いたことがあります。

「相談に来るヒトは『ここなら何とかしてくれるのでは…』と期待しているのに、求人がないことにはどうにもならない」と。

この方自身もその年代になってきて、自分がお客さんの立場、つまり「失業」したらどんな就職活動をするかを考えたことがあるそうです。

結論は、ハローワークに行くことも、人材会社に登録して仕事を探す気にもなれなかったといいます。その理由は「人材紹介会社はたくさんあるけれど、長年この業界に携わってきた有力な会社は内部にそれなりのノウハウを蓄積している。

ベテランのコンサルタントも抱えている。

あえて新規に人材募集する可能性は限りなく少ない」というのです。

当時はなんでもかんでも「規制緩和」が全盛時代でした。

人材ビジネス業界もその波に乗り、人材の流動化による人材コストの合理化が各企業で大流行。

人材派遣分野を狙った新規参入が活発になっていました。

新規参入の企業なら人材紹介のノウハウも確立されていなければ、ベテランのコンサルタントもいません。

逆転の発想で、「求人がなくたって、自分の方から売り込みをかければ何とかなるのでは」と考え、失業を想定した実験を行ってみたそうです。

経歴付きの一般的な履歴書を使わず、「私はこういう能力・実績があります。」「こういう仕事を切り盛りできます」といった内容の独自の『職務経歴書』を作り、「こんなものを作ってみたけれど、かりに今、御社に雇ってほしいと言ったら、あなたはその筋に紹介してくれますか?」と、募集をしていない同業仲間に訪ね回ったといいます。

結果はほとんどが「あなたならOK、いつでも歓迎しますよ。もちろん、社長のお墨付きですよ」というものでした。

もちろん、知り合い、同業者仲間という特殊な条件はあります。

しかし、その筋の人々や社長さんは会ったこともなく、この職務経歴書効果に自身を持ったといいます。

この実験結果は、中高年の転職活動に二つの重要なヒントを与えてくれます。

一つは、求人している会社だけが人材不足なのではないこと、言い換えれば、会社の成長に不可欠な人材が必ずしもそろってはいないこと。

もう一つは、自分のキャリア分析通じて、的確・客観的に表現される実績・実力をアピールする文書の効果です。

キャリアを分析し、何がアピールすべきものかを導き出して、誰にもわかりやすい形で表現し、自分の方から積極的にはたらきかけていけば、転職にも活路が開けるかもしれません。

それが本サイトで紹介する「自己開拓転職」なのです。

「自己開拓転職」で新しい職業人生を切り拓こう

この実験以来、この方の人材紹介会社では「自己開拓転職」のセミナーを展開するかたわら、希望者への個別指導も開始しました。

まさしく平成の『転職塾』です。

個別指導組みの卒業生の8割がたは半年以内に再就職しているといいます。

しかも、そのうちの3分の1上が数十倍という競争率を突破しているというから驚きです。

本当のところを言えば、難関突破の「勝ち組」といっても、最終面接段階まで残った人たちの実力や能力には大差はありません。

競争から抜け出す『決め手』、それは自分の実力・能力を魅力的に表現し、アピールできるプレゼンテーション能力です。

書けるだけでは、書類選考の壁は破れても、面接でふるい落とされてしまいます。

対話や主張の場で「私を採用すればこういう効果が生まれます」「こういった新しい内容にチャレンジできます」という意思をはっきり伝えるプレゼンテーション、その両方ができなければなりません。

自己開拓転職はもともと求人を探す方法ではありません。

求人していない会社に人材を売り込む方法です。

つまり、同レベルの競合集団の中から頭一つ抜け出す手段でもあり、これはある意味で競争を強いられる社内での人事考課にも貢献する手段にもなります。

本サイトを通読されて『自己開拓転職』のノウハウを身に付け、あなたの一貫した職能人生を複数の会社で実現してください。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
自らアプローチ
転職の4つのミスマッチ
年齢ミスマッチと転職成功率は関係ない
中高年の転職仲介は難しい
潜在ニーズに訴える
正社員と契約社員どっちが得?
自己分析して職務経歴書を書く
自己分析・戦略の構築・人脈の整理
転職の情報をくれそうな人脈
人脈への紹介依頼は文書で
アプローチする会社は10社程度に絞る
アプローチは3つのパターンで
人脈のない場合は社長宛てレター
返事がないときはフォロー
ペンディング状態は自分で意思選択
自立した職業人
じっくり自己開拓戦略をたてる
自己開拓転職のポイント
給料交渉の進め方
求人していない会社への売り込み事例1
求人していない会社への売り込み事例2
求人していない会社への売り込み事例3
求人していない会社への売り込み事例4
求人していない会社への売り込み事例5
求人していない会社への売り込み事例6
求人していない会社への売り込み事例7
求人していない会社への売り込み事例8
求人していない会社への売り込み事例9
求人していない会社への売り込み事例10
求人していない会社への売り込み事例11
職務経歴書の意義
身につけた能力・身につけてない能力
職務経歴書に決まった書き方はない
職務経歴書の内容のポイント
履歴書と職務経歴書
履歴書の添削
職務経歴書の実例1
職務経歴書の実例2
職務経歴書の実例3
職務経歴書の実例4
職務経歴書の実例5
最後に
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅 ローン 借入



























































求人のない企業へ転職する方法 All copyrights 2010 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。
ネットビジネスで生活したい感じ理想の仕事を手に入れる転職ガイドThe治験の真実初めてのアルバイト入門節税を考えた場合、個人事業主か会社法人のどちらが有利なのか儲かる農業で収入を得る方法〜あなたが始めない問題点はなに?〜衛生管理者資格の勉強法成功するフランチャイズビジネスで起業輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜失敗しない退職の仕方と退職生活ノウハウ求人のない企業へ転職する方法志望動機で決まる!未経験転職ガイドネットビジネスを成功させる情報出張便利ネット〜出張先住所から最寄駅・ホテル・飲食店を探す〜個人輸入ビジネスでヒット商品の見つける・作る方法個人輸入ビジネスをはじめて儲ける方法借金はわるいことではない!家賃滞納!賃貸トラブル解決法会社経営の基本〜計画・戦略・理念〜マーケティングについて労働災害・通勤災害Q&A介護福祉士試験対策古物商・質屋を始めて儲ける方法マッサージビジネスを始めて儲ける方法住宅リフォーム店を始めて儲ける方法託児ビジネスを始めて儲ける方法学習塾を始めて儲ける方法保育園ビジネスを始めて儲ける方法不動産屋を始めて儲ける方法コンサルティングの基本ガイド誰にでもわかっちゃう決算書の読み方入門起業するならLLC(合同会社)でしょう失敗の少ないフランチャイズで起業アンケート調査の効果的手法サロンで起業するノウハウ掃除屋で起業するノウハウパワーハラスメント・職場いじめのQ&A〜パワハラを許すな〜ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法難関資格が取得できる勉強法NPO法人設立・運営ガイド競売不動産買い付けガイド取引先の信用調査をする方法企業への公的支援「助成金」福祉・介護の資格と仕事価値を伝える営業術戦略的な営業手法スペシャルマーケティング起業の選択肢にNPOはどうですか?自己能力開発と才能の活かし方Theコーチング利益を生むビジネスモデル人事評価の極意〜稼げる人材へ中小企業の人事評価サービス付き高齢者向け住宅で起業見える化経営PDCAの極意趣味からはじめるお金の稼ぎ方内職をはじめる!骨董品ビジネスを始めよう!営業管理職のための知識コストダウン!初めての役員・取締役入門起業する前にするべきことのまとめ満足できる好条件!薬剤師の年収と転職農業をビジネスとしてはじめる